故人が個人でなくなる時~最後までしっかり見送る~

traditional funeral

後悔しないためにも

funeral home

葬式は人生の最後のイベントとなるため、きっちりとお見送りするためにも後悔のしない選択をすることが故人のためにも自分達のためにもなります。事前に計画を建てることで慌てずに行なうことができます。

シンプルが流行り

funeral home

葬式といえば、大きめで派手なものをイメージする人が多いですが、最近ではシンプルなスタイルの葬式がトレンドとなっています。料金も通常よりかからないこともあり人気となってきています。

安い葬儀が増えている

funeral home

葬儀は負担がかかるため、急に用意できないこともあります。予算を節約する方法もあるので、葬儀屋に相談する、事前に見積もりをとるなどを心がけることで節約をすることができます。

墓石にも個性を

自宅安置が少し難しいと考えている家庭は葬儀を埼玉で行なっている業者に任せてみるといいでしょう。気軽に相談してみるといいです。

必要な物を見つけてくれます。遺品整理を行う業者がこちら。仕分けにより不要品と必要な物をわけられます。

墓石は心の交流を行える大切な石

墓石の値段は石の種類やデザインにより大きく異なります。日本のお墓に使用されている墓石の種類は現在、国内産に外国から取り寄せたものを併せて300種類ほどあります。墓石はなぜ石を使用するのかというと、石は自然界において古くから魂や天との交信ができるものとして信じられ、時には神様の一部として奉られていることによります。科学的な理由としては地下に眠る故人が、何らかのことで外に出てしまわないように地面を押さえる役割と経年と天候への耐久性であります。近年、墓石もデザイン性の追求もみられ石に変わる素材としてセラミックやステンレス製なども登場しましたが、日本人には馴染みとして浸透しなかったようです。人工石使用も予測されますが、自然に還るという意味において当面は従来どおり自然採掘の石が不動のものとなるでしょう。

値段で選ぶ時には気をつけたい

墓石の値段は、石碑となる部分で検討した場合10万円台からあります。石の値段の違いは国内外に関わらず本来の石の強度、耐久性、外観の美しさにあります。石碑以外の付属部分である花立て、供物代、玉垣、灯篭部分など使用する石を全て併せた場合の値段が墓石全体の価格となり、およそ30万円〜数百万円となります。墓石の価格としてはどこの専門店でも大差はありませんが、値段で選ぶ際に仲介業者を何箇所も通している場合など同じ石を使用してるもので値段が大きく変わってきます。また、近年ではインターネットでも墓石を購入できるという便利な面も見られます。それらはどの石でどのデザインがどのくらいの値段比較の目安にはなりますが、実際に購入する場合は石の質感や見た目を必ず購入者自身の目で確かめることが良いでしょう。

急な不幸でも迅速に対応してくれます。葬儀を東京で依頼するならここへ。電話でいつでも相談に対応していますよ。

人手が足りずはかどらなくてお困りの遺品整理は千葉のこちらに手伝ってもらいましょう。気になる方はこちらのサイトへ

しっかり情報収集し、安心して行いたい葬儀費用はこちらのサイトで詳細を手に入れることができますよ。評判の葬儀社も紹介しています。